LGの65型有機ELテレビが我が家に!40型液晶テレビからの買替え!

家電

2013年に購入した40型レグザ(J7)もそろそろいつ故障してもおかしくない時期がやってきたためテレビの購入を検討することにしました。と言うのも子どもが小さい為テレビの見れない期間を1日でも作りたくなかったと言うのが大きなきっかけです。

REGZA(40型J7)の総評

2013年製にしてはベゼルが小さくスタイリッシュであった上に値段も安く、一通りの機能は備えていた為大変コストパフォーマンスに優れた機種であったことをお伝えします。

新しいテレビの条件
  • 55インチ以上
  • 有機EL
  • Amazonプライムビデオが内蔵
  • 予算20万

現在、40型のTVを視聴してる為それよりは大きいTVというのはマストでしたが、49型など一回り大きいだけではこの先の数年間できっと小さく感じてしまうだろうという気持ちと、以前は10畳程度のリビングで見ていたので十分でしたが、現在はもっと広い戸建てに越した為大きいテレビが欲しいと思っていました!

現在は液晶テレビも本当に綺麗なのでわざわざ有機ELじゃなくても良いという気持ちはもちろんありましたが、やはりこの先数年間を考えた時いつか後悔する日が来るだろうと先行投資をすることに決めていました。

AmazonプライムビデオはApple TVまたはDIGAで見れていましたが、このほんの些細な1工程が億劫に感じていました。

そして、いろいろあり購入したTVがLGのOLED65B8PJAという1年型落ちの2018年製TVです。

このTVにたどり着くまでの流れを簡単に紹介します。

元々Panasonic信者のためVIERAを第一候補で探していました。また、予算の関係上2018年製に目をつけていました。具体的な機種はFZ950です!2019年11月コジマ電気で204,800円でオンライン販売していたのでそれをメインに考えていましたがどうも決心がつかないまま数日が経ちました。

すると週末にまさかのJoshinで199,800円で上位モデルのFZ1000が売られているではないですか!

お金の整理をしていると販売が終了してしまいました。。。

諦めきれずコジマに飛び込み、FZ1000またはFZ950を値切れるだけ値切りたいと挑戦したら全店で在庫はないとのこと。諦めて帰ろうとしたところ目の前に巨大な段ボールが!これが今回購入したOLED65B8PJAでした!価格はなんと160,000円!もはや衝動買いです!

大きさ

これはもう40型からの買替えのためデカイのなんのって写真じゃ表せませんでした。とりあえず参考に!

40型J7

こちらは買替え前のテレビです。テレビ代とほぼ同じ大きさとなっています。

65B8PJA

こちらが買替え後のテレビです。テレビ台を比較してもらえると相当大きくなっていることがお分かりかと思います。

組み立ては外

余談ですが、配送設置をお願いしていたところ組み立てはゴミが出るとの理由で外で行い完成品を中に持ってきてくれました!

リモコン

まず驚いたのがリモコンです!レーザーポインターのようにマウスが動くではありませんか!VODもなんてサクサク表示されるんだ!と感心してしまうほどです!病みつきになりそうです!

シンプルなリモコン

黒とゴールド

有機ELの素晴らしさはやはり黒の表現力です。というより光らないということですね!コントラストがハッキリとしていて素晴らしいと感じました!また、ゴールドは感動を覚えるほどに輝きこれだけでも所有感を増大させてくれます!

スピーカー

スピーカーは背面についているので全く期待していませんでしたが、音の出る方向が上向きとなっているため背面の壁をおそらく使わないからか立体的な音が体験できました。特にサウンドをシネマモードにすると臨場感あるサウンドとなり、スピーカーを別で買う必要は無さそうです!

上から見たスピーカー

まとめ

DLNAが搭載されているのでレコーダーとメーカーを絶対合わせないと面倒ということも無くなり、選択肢が増えたと思います!

有機ELのあまり知られていないデメリットとしてテレビリサイクル(法令で金額が決まっているやつ)が出来ず産業廃棄物として処理しなければいけないということです。これはただでさえ大型中心の有機ELではでかい出費になりそうですね!

有機ELデビューには最適なこの一台!オススメします!

ちなみに

国内メーカーの有機ELテレビはほぼ全てLGのパネルを使っています。

映し出すエンジンの性能で差をつけているのだけなので、パネルの仕入れ元であるLGが販売する有機ELは安いのが当たり前です!

家電
NONPROをフォローする
スポンサーリンク
NoNpro
タイトルとURLをコピーしました