挑戦!富士登山~道具編~

富士登山
スポンサーリンク

はじめに

はじめにはっきり言っておきます!富士山を登っているとスニーカーの方や普通のリュックサックやハーフパンツの方も多くみられます!つまり特殊な装備を揃えなくても登れないことはありません。

ただし、登山は天候(環境)によって大きく難易度が変わります。

~基本情報編~でもお伝えした通り一泊二日で登る場合1日目と2日目では全く別の世界ということはざらです。どれだけ快適に登るかはもちろん安全面において大きな差が出るのが道具です。

なんでも良いという方は良いのですが、リスクだけは承知して登っていただきたいと思います。また、20代の男性は学生の頃軽装で登ったが、あまりのきつさに翌年からは装備を全て揃えて毎年登っているとの話を聞きました。(きついという思いより感動が上回っていたからこそこの男性も毎年登ることになったので、富士山の素晴らしさを物語ってますよね!)

全体紹介

装備一式

上の写真が装備一式(靴除く)となります。とは言え下着や靴下など省略しているものも一部ありますのでここでは参考までに見ておいてください。

それでは具体的に見ていきましょう。

ツオロミーブーツ

トップレベルに大事な装備と言えば靴です!写真はツオロミーブーツという靴ですがくるぶしまで完全に包まれている少し硬い靴です。

岩場や砂場の多い富士山ではある程度硬い靴が足への衝撃をやわらげ快適な登山ができます!少し安いモデルにラップランドブーツという商品がありますが、こちらではやわらかくて適しているとまでは言えません。

そして靴は年に数回しか履かない場合、シーズン初めの登山でいきなり靴底がはがれてしまうということがよくあります。私も富士山の前に試し履きをした高尾山で靴底がやられてしまったことがあるので必ずシーズン初めは試し履きをしましょう!

その他、順次掲載させていただきます。

富士登山
NONPROをフォローする
スポンサーリンク
NoNpro
タイトルとURLをコピーしました